名前 種類 特徴・食べ方
ヒラメ 年中(冬) 白身。刺身、煮物、唐揚げなど料理全般、刺身で縁側が美味。
車エビ 年中(夏) 刺身、塩焼、天プラ、フライなど、踊り食いがおすすめ。
伊勢エビ 刺身、塩焼、ボイルなど。刺身と残った頭での味噌汁がおすすめ。
天然タイ 白身。コリコリ感と甘味がたまらない。
石ダイ 年中(夏) 白身。コリコリ感と甘味がたまらない。
石垣ダイ 年中(夏) 白身。コリコリ感と甘味がたまらない。
アコー(ハタ) 年中(春) 白身。独特の甘味がたまらない。
アラ(クエ) 白身。捨てる所がないという程、魚まるごと味わえる高級魚。
チヌ(黒ダイ) 年中(春) 白身。鯛に似た味わい。
本カワハギ 白身。刺身はフグに似た白身。煮付けでは、うま味と身が取れやすい。キモが絶妙。
グレ 白身。鯛の身に似ているが、少しやわらかい感じ。
ワタリカニ 年中(夏) ズワイ、毛ガニにくらべ小ぶりだが、独特の甘味がある。
スズキ 年中(夏) 白身。刺身と塩焼がおすすめ。
バリ 白身。刺身、煮付。独特の風味で好き嫌いはあるが、新鮮な物はおいしい。
オコゼ 白身。刺身や唐揚げ、味噌汁など、見た目は悪いが美味。
ガラカブ 春、冬 白身。唐揚げ、味噌汁、煮付けがおすすめ。オコゼに似ているが安価。
メバル 刺身。煮付け。食べやすく美味。
甲イカ 冬場の甲イカは甘味があり刺身に最適。
タコ 年中(夏) ボイルした後刺身に。歯ごたえがたまらない。
ウチワエビ ボイルした後、真半分に割って食べる。身が取れやすい。
タカバ
タイ 年中 白身。天然にくらべ脂が多いが安価で料理全般に使える。
シマアジ 年中 青身。青身ではあるが白身的な味わい。くせがない。刺身がよい。
ヒラメ 年中(冬) 天然物より脂分が少し多い。安価で購入しやすい。
ハマチ ブリに比べて、脂分が少ない。サッパリした味。
ブリ 冬場の腹身は脂がのり、マグロのトロと比べたらコリコリ感がある。
カンパチ 年中 見た目はブリに似ているが、白身のような味。ブリより一段上の味わい。
サザエ 年中 壺焼き、大きい物は刺身にと、バーベキューなどいろいろ使える。
アワビ 年中 バター焼きや刺身にと独特のうま味を出す。高級品。
甲貝 年中 刺身は独特な味わいとコリコリ感。
アサリ 年中 味噌汁、バター焼き、酒蒸しなど、なじみのある代表的な貝。
ヒオウギ貝
塩ウニ その他 年中 高価ではあるが、あまり手に入らない。塩で加工したウニ。酒のつまみに。
生ウニ その他 年中(夏) 北海道物が有名ではあるが、小粒ながら甘味とうま味絶品。
コノシロ その他 年中(春秋) 海の香魚といった感じ。青身の寿しネタに最高。
アジ その他 年中(夏) 刺身、塩焼に何にでも合う大衆魚。
サバ その他 年中 刺身、塩焼に何にでも合う大衆魚。
アオリイカ その他 年中(夏) イカの中の王様。刺身はもちろん煮ても焼いても身がやわらかく最高。
キビナゴ その他 年中(冬) 刺身、煮付、唐揚げ、塩焼。何でもOK。安価。
アナゴ その他 秋冬(夏) かば焼、天プラ、湯引、最高。上品な味。
ゴンズイ その他 年中(冬) 味噌汁(すこし素焼して、みそ汁に)最高。
小ダコ その他
ナマコ その他 冬場の珍味。
タチ その他 春、秋 塩焼、煮付、唐揚げに最高。
小アジ その他 南蛮漬(一度唐揚げした物を甘酢トウガラシにつけるだけ)
ウツボ揚引き その他 見た目はグロテスクだが味は美味。
アジすり身 その他 甘味がありおいしい。つみれ汁にも。
エソすり身 その他 スリ身の中では最高級。
アカベラ その他 唐揚げに最適の白身の魚。
アオベラ その他 アカベラよりも一回り大きい上品な白身魚。
キス その他 天プラ、フライ、刺身とおいしいメジャーな魚。
乾物 23種類 天草の魚を使って作りあげた職人の味。

戻る